2019/05/07

板納め② in 鳥海山

板納めツアー2日目は鳥海山吹浦コース

昨夜は道の駅鳥海ふらっとで早々に撃沈

今日は同人O君と彼の友人を加え3人でツアーへ

 

Img_3427_r

昨日は降雪で通行止めだったらしく今朝の夜間規制ゲートは長蛇の列

なんとか駐車させたがO君たちは100この先の駐車帯に居るらしい

まぁ行く先は同じなので山上で落ち合うことにしてスタート

 

Img_3433_r

いきなりの急登。出だしはスキーを担いで…

 

Img_3435_r

1時間ほどで斜度も緩くなりO君達と合流する

 

Img_3462

昨日以上に日差しが強く覆面スタイルで

 

Img_3438_r

先ずは笙ヶ岳へ

 

Img_3447_r

笙ヶ岳3峰から東斜面を滑るO君達を待ちながら大休止

 

Img_3455_r

流石に新山までは届きそうになく御浜小屋前で昼食に

 

    Img_3460_r-2

彼らは明日も滑るというしシールオフ

昨日とは打ってかわって超良い雪(^^♪

俺がスタートしたコースの方が快適そうなので一緒に滑り降りる

 

その後、彼らの入山口まで送り届けシーズンを終えた

今シーズンは13年ぶりにテレマークからアルペンに変更

装備の進歩は目まぐるしく軽量化を金で買った感じ^^;

足元が軽くなり滑るのも超安楽。立ってれば身体が勝手にッテ感じです

でも、もうちょい硬いしっかりした板が欲しい今日この頃です

 

| | コメント (0)

板納め① in 月山

板納めは鳥海山が恒例になっているが今年は月山も加えてみた

グリーンシーズンは何度も訪れている月山だが

ホワイトシーズンは半世紀近くも昔、スキー大会で来て以来

 

Img_3384_r 前日の雨が雪に変わり姥沢への道は凍結

夏タイヤではとても無理な状況で乗合バスを待つ

 

Img_3385_r

姥沢からリフト乗り場まではスキーを運搬するサービスあり

でも、結果的に担いで行った方が早かった^^;

 

Img_3387_r

バス待ちやなんやですっかり出遅れちまった

 

Img_3396_r

山頂方面は薄く雲がかかったまま…

バスでは知り合いのBCガイドと遭遇

彼は山頂は踏まず湯殿山をまわり志津野営場までのツアーらしいが

自分はどうしても山頂ピーク足が向いてしまう

 

Img_3400_r

朝日連峰を眺め暫し休憩

ガチンガチンのアイスバーンにアイゼンを持ってこないことを後悔

1,800m付近でスキーをデポして空身で登る

 

Img_3413_r

12:40 ようやく山頂へ。遠く鳥海山が輝いている

 

Img_3416_r

4週間ぶりの山で足腰はガクガクに…

ツアーコースはあきらめゲレンデコース外を流し志津野営場へ

 

Img_3417_r-2

14:20 後半はストップ雪でクロスカントリーみたいな…

 

明日の鳥海山のため遊佐まで移動

温泉で汗を流し早くビールを飲みてぇ~🍻

| | コメント (0)

2018/10/22

真昼岳

Img_2529_r今日も絶好の登山日和
Img_2530_rこのつり橋が非常に揺れます
Img_2532_r_2「飛龍の滝」
Img_2537_r合目毎に立つ案内板
Img_2550_r兎平で急速後コース復帰。真昼岳への長い稜線の奥には和賀岳
Img_2561_r7合目からはクサリ場、ロープ場の連続。いよいよか思いきや・・・
Img_2565_r偽ピークは9合目
Img_2567_r山頂まで続く稜線
Img_2572_r2時間ほどで山頂へ
Img_2575_r_2下山時。右奥のピラミダルなのが昨日登った「女神山」







| | コメント (0)

女神山

Img_2479_r10月20日(土) 岩手県西和賀町「女神山」
アプローチの未舗装路が長く2~3度車の腹を擦る
Img_2484_r_2「白糸の滝」からスタート
Img_2495_r「ブナ見平」
Img_2502_r晩生のナメコ
Img_2505_rキノコを採りながら山頂へ
Img_2512_r明日向かうはずの「真昼岳」
Img_2515_r山腹はブナの黄葉見ごろ

 

この後「砂湯っこ」で汗を流し車中泊。収穫したキノコ汁地酒が美味かった












| | コメント (0)

2017/07/03

下北半島ドライブ



津軽も梅雨空ですっきりしない週末。
何十年ぶりかで下北半島をぶらつくことに…
となればとりあえず最北端へ。落ちぶれ感溢れる地方観光地にあっても大間人気は健在の模様。


この日はお天気にも恵まれ海峡の向こうに北海道がくっきり。
穏やかな海にはマグロが群れてることでしょう。
岬には土産物屋が軒を連ねているが入浴してから食堂を探したが既に閉店。
営業時間をしっかり調べて来るんだった


翌日はまさかりの刃の部分を南下。
仏ケ浦は上から見下ろし佐井村のぬいどう食堂へ。
午前11時というのに名物ウニ丼は予約完売とのことでカブキ丼 千円也 をいただきました。
やはり旬のウニは弾力、甘みが違ってました。


むつ市内では三大霊場 恐山へ。
県人なのに初めて拝観させていただきました。
宇曽利湖の向かい側『大尽山』に登った時に拝観しておけば良かったのに…

予報に反して穏やかな天気のもとウン十年ぶりに下北半島を周回。
尻屋崎に立ち寄れなかったのは残念だけど次回はしっかり下調べして美味しい物は余さず食べ尽くしたいと思います。

| | コメント (0)

2017/01/19

ハイエース購入

Dscf00012
2004年購入のレガシー。
13年間の走行距離は15万キロを超えアチコチがガタツキ始めた。
アルプス遠征や北海道山旅では良い働きっぷりをしてくれ、近県への山行では何度も車中泊に応えてくれた相棒である。使い勝手がいいばかりか燃費にも優れ、これまでに乗り継いだ7台では最も長く付き合ってきた愛車なれど、夏冬タイヤ共に摩耗劣化が激しくマフラーにも穴が開いたか排気音に凄みを増してきた。

34img_6285_rr
そんな訳で8代目に選んだのがハイエース。最強のアウトドアカー
正しくは「トヨタレジアスエース」なのだが付き合いのある車屋さんの顔を立て、ハイエース仕様にて納車される。グレードはS-GLの4WD 3000cc ディーゼルターボ。特別仕様の「ダークプライム」はパワー十分なうえ経済的

Img_6334_2
Img_6333_2
早速フローリングとサブバッテリー、走行充電を装着。併せて冬期間はスキー収納用のケースをDIY。

34img_6289_rr
ベッド、カーテンも設置し、とりあえず車中泊の準備完了。今後は虫除けネットを購入、登山口で前泊しより広範囲に足を延ばすことが出来そうだ

Img_6445
息子の進学や引越しで仙台へ。すでに何度か車中泊してみたが広い車内の快適さはレガシーとは雲泥の差。

34img_6344_rr
ゆっくり足を延ばしネット&DVDを楽しみながら晩酌 隠れ家気分満点

| | コメント (0)