2018/03/15

八幡平 茶臼岳

Img_0789_r

2018.3.10 岩手県側から八幡平へ。
移動時は秋田駒か八幡平かで揺れていたのだがこの晴れっぷりに松尾八幡平ICでドロップ。


Img_0796_r

「御在所」から旧スキー場をハイクアップ。今日は「茶臼岳」を目指すことに決める。

Img_0808_r

Co1360m アスピーテライン「茶臼口バス停」までが長かった~
アイスバーンで何度も後退・・・やはり「大国森」「恵比寿森」と周回して来ればよかった。

Img_0818_r

13:00 「茶臼岳」山頂到着。風が冷たいので茶臼山荘で昼食。


Img_0821_r

きれいな小屋内も雨漏り? 乾いたベンチに腰掛けゆっくりランチタイムnoodle

Img_0825_r

素晴らしい眺めにパノラマ撮影してみた。
しかし、この後の滑走は全然ダメbearing
深い雨溝をガリガリのアイスバーンでスキーになりませんでした。 

Img_0828_r

ゴール地点の積雪は十分でまだまだ楽しめそうですgood

| | コメント (0)

2018/03/13

BCスキー in 八幡平

Img_0664_r

2018.2.10~11 秋田八幡平へ。
初日はスキー場リフトトップから冬眠中の「蒸ノ湯温泉」を見下ろしながらスタート。

Img_0673edited_r

八幡平アスピーテラインの道路標識は腰の高さ。積雪はゆうに3メートルを超えている。

Img_0672_r

道路を挟んで、こちら「大深温泉」も冬季休業中。

Img_0669_r

「藤助森」を過ぎると吹雪始めたが、立派に育った樹氷で風をかわしながら山頂を目指す。

Img_0670_r

2時間ほどで山頂到着。夏には木製のデッキがあるはずも完全に埋もれている。
天気が穏やかなら「八幡沼」ほとりの陵雲荘でランチの予定だったが、立ったまま行動食を頬張りそそくさと下山する。

Img_0676_r

この日は「後生掛温泉」泊。湯治村は改修工事中でラッキーなことに休憩用の大広間を使わせていただいた。
食材、シュラフ持ち込みで合宿気分で大盛り上がりbottle

Img_0684edited_r

2日目は「焼山」方面へ。すっきりしない曇り空ながら雪質は前日より良く、ツェルトを張って登り返し楽しんだ。

| | コメント (0)

2018/01/09

田代岳BC

秋田県大館市「田代岳」でBCスキー
国道からのアプローチが長く登山口に着いたのは10時過ぎ。先行パーティは車2台か?
膝下のPowは踏み心地良さげだが急斜面の登りラッセルきついだろうな…ありがたいhappy01



今日のメンバーはスキー6人、シュー、ワカン=8人
T枝さんの企画で初山と新年会を兼ねた飲み山行。当初は登山口テント泊の計画だったが除雪作業の妨げになることを考えたらね…
自分は泊まれなかったけど「田代温泉ゆっぷら」は綺麗でリーズナブル、温泉も安価で良さげでした



曇り空から青空も見え始めたが山頂到着に合わせ曇りだす
雪はウィンドパックの重深❄️ 滑るには難儀しました。林間まで降りると良い感じのパフパフ❄️❄️



ただし尾根が狭く急斜面が続き初心者には厳しいコース
晴天時は岩木山や八甲田を一望。大鰐スキー場はすぐ近くに見え、距離にしたら青森県の方が近いかも
登山口の奥にロケット燃焼試験場があり通年で車両が乗り入れられるのもありがたい

| | コメント (0)

2017/12/26

初滑り


雪を見てもワクワクしなくなったなぁ〜

続きを読む "初滑り"

| | コメント (0)

2017/04/24

冬に逆戻り

20170425_054319
4月24日(日)
GW目前、北国にも桜が咲き始めたというのに八甲田では除雪車出動です。
先週断念した南八甲田3Kツアー。リベンジに来たもののまたしてもの悪天候。

20170425_054320
睡蓮沼からせめて仙人岱へ。スタート前に…と思いきやトイレは完全埋没。

20170425_054321_2
昼飯を食べてゆっくり休もうとやって来た仙人岱避難小屋。我らが寄贈したストーブが激しく破損していたangry
冬季用に皆んなが灯油も荷揚げして不測の事態に備えて来たものを…

20170425_054321_1
外に出ると濃霧解消しすっかり晴れてきた。南八甲田には薄く雲がsmile 
今日は北八甲田の日sun  小岳まで足を延ばしてみようdash

20170425_054321_2_2
風もなく最高の景色。次期外れの新雪で大岳もギラギラ輝いている。
更に気を良くして高田大岳から谷地温泉に滑り込むことにして小岳大斜面をかっ飛ばす。うっすら積もった新雪は滑らかでスキーも走る⛷

高田大岳から滑り降りるボーダーグループを眺めながらカップ麺&riceball
コーヒー付きで和み余裕を持って谷温泉へ。

20170425_054323_2

睡蓮沼との標高差は約300m。
谷地湿原ではミズバショウも咲き始め遅い春の趣きtulip

さてここにきて事件。
予定していた14:25のバスは繁忙期以外は運休で、16:15まで3時間も待たされることに…八甲田エリアで遊ぶ仲間を探しつつ厚顔無恥、いいオヤジ二人でヒッチハイクに挑むgood
冷たい視線を浴びること十数台。遂に親切な埼玉県人と遭遇しことなきを得るpass

| | コメント (0)

2016/12/22

'17 冬山シーズンイン

冬山シーズンの足慣らしと装備チェックのため冬季閉鎖のR103を歩いてみた。

656150019dd22e2900b4a17a2c4c422f1
閉鎖された「八甲田ホテル」ゲートを潜り抜け1年ぶりのスキー。

「睡蓮沼ランチ」へ先行した同人メンバーのトレースをありがたく使わせてもらい追いかける。

51d422c2edefe74226f20c7329f28e911
所詮道路上。山上に分け入るにはブッシュが喧しい。

B0243911017c621549bec86bcc9bb4cf1
「石倉」手前まで到着。先行したメンバーは今頃ツェルトでランチ中かな・・・

0654be124eca8fb4a8f4370d30227e411
と思いきや、「笠松峠」で追いついた。

C71559785dcfaaaaa9c34c24c31d24961
ささッと食事を済ませ縦走再開。冬季閉鎖の「猿倉温泉」まえ通過。

8fb08e987c8c33a545a11a339721db781

スタートから3時間ほどで「谷地温泉」ゲート到着。

谷地温泉の駐車場までが結構長い・・・その後はデポ車両で酸ヶ湯温泉駐車場へ。

| | コメント (0)

2016/02/05

ジルブレッタで岩木山

3月13日(日)百沢スキー場リフトトップから古いジルブレッタ300+登山靴で岩木山頂をめざす。
テレマークに比べ足は軽々。序盤は高温で緩んだ雪はラッセルの苦も無く順調に高度を稼ぐがCo1200辺りで靴擦れ発症、重い雪に難儀しアイゼン装着しスキーはデポする。

Img_4346_r_3


次第に雲行きが怪しくなるが降りだす前に山頂到着。

Img_4348_r_2


やっぱり雪不足の今シーズン。これだと春スキーシーズンも期待薄。
ジルブレッダ+登山靴でこの急斜面を滑る自信なし。種蒔苗代までおみ坂を下りそこから滑ることにする。

Img_4375_r


せっかく大先輩から頂いたスキー。軽くてさぞかし楽かと思ったが、登行は良いとしても滑るのは超難しい代物。
何度も脱いだり、シール貼ったりを繰り返すがほぼ80%は細引きで引き歩いて下山する。

| | コメント (0)

2016/01/25

岩木山BC情報

【第1回偵察】 1月15日 青森スプリングスキーリゾートから追子森方面
Img_4064_r_3
ゴンドラトップの木々がやかましい。
Img_4073_r_2
雪不足で細かい沢の起伏があちこちに・・・さすがにモービルの騒音はない
Img_4082_r_2
西法寺森へのルートも木々が黒々している
 
【第2回偵察】 1月23日 百沢スキー場から鳥海山方面
Img_4094_r
スキー場尾根は藪やぶ・・・
Img_4096_r
1,050m付近 大沢は渡れるが例年になく深い
Img_4107_r
「焼止り避難小屋」の状況Img_4100_r
小屋から上は問題なし
Img_4122_r
「カラスの休み場」
Img_4117_r
「七曲り」
近年の温暖化と木々の成長で、岩木山のBCエリアはどんどん狭まっている。
昨日、今日(1/24~25)は全国的に大雪の模様だが、岩木山の降雪は25日~26日がピークになりそうで、 このドカ雪に大いに期待したいところ。

| | コメント (0)

2015/05/12

’15ラストラン 櫛ヶ峰

150430113211r037_rr

4月30日 R103「睡蓮沼」から南へ。
テレマーク1年目の姪っ子にとって南八甲田デビュー。
150430115255r000_rr
11:50 平日とあって超静か。盟主『櫛ヶ峰』麓でエネルギー補充する。 
150430123000r002_rr
11:30 単独スキーヤーが休憩中の「櫛ヶ峰」山頂到着。
街では26℃を越えたこの日は空気が霞み、十和田湖までは見えなかった。
150430135937r004_rr

麓で本格ランチの後は「駒ヶ嶺」を越えてdash 

150430141508r006_rr

「乗鞍岳」に向かってまっすぐ伸びるのは幻の県道なのだよ・・・などと薀蓄。。

150430141512r007_rr 

パラダイスからは北八甲田の山並みを一望する。

150430143926r009_rr

最後のゲレンデからはR103を走る車の排気音が聞こえる。 

150430144930r010_rr 

14:50 ゴール付近の湿原ではミズバショウも蕾。

| | コメント (0)

’15 岩木山春スキー直前レポ

150422075805r006_rr

4月22日 7:58 岩木山春スキーは28日から。
例年になく急ピッチで雪解けが進み、弘前公園の桜も既に満開となった。
150422081437r007_rr_2
8:14 「百沢スキー場」からスタート。
駐車場には5~6台、既にスタートされた様子。
150422102158r010_rr_2

ゲレンデの所どころに亀裂が入っているが滑り降りるには問題ないが、リフト終点から上部はは相変わらず木々がやかましい。

150422104127r015_rr

「焼止り避難小屋」には寄らずに直接山頂を目指す。
150422110105r017_rr
夏道の「おみ坂」も岩々が露出しているためテラスへ。
150422114239r019_rr
雪で気付かなかったが、奥宮を守るかのように『山』の形をした巨岩が鎮座する。
150422114813r021_rr
11:48 誰も居ない山頂。皆さんは「鳥海山」へ登ってる?
150422121956r023_rr
昼食後は真正面に落ちていく。
150422123206r030_rr
大沢を渡り登山道尾根へ。
150422123358r031_rr
「焼止り避難小屋」からは広く快適な尾根(板が滑ればcoldsweats01
150422125434r035_rr
適度な樹間を縫って「七曲」へ。
150422125931r001_rr
12:59 スキーを脱ぐことなく「百沢スキー場」へ帰着。
さて、津軽岩木スカイライン開通で幕を開ける岩木山春スキーだが、このままだとGW前半でさえスキー場ゲレンデの雪が途切れそう。
むしろ登山道尾根の林間のほうが雪を繋いでこれるのでは・・・?
「大黒沢」や「長平」は絶望的だなぁ~
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧