2020/03/22

岩木山 青スプから大黒沢へ

3月22日(日) 青森スプリングからスタート

連休もスッキリしない空模様。大黒沢は今期ラストチャンスか

 

4659a39d2c014ed3bc89b3dab171554e

ゴンドラトップから「長平コース」へ

 

3fe440ce2aa94f058f4bdd8e10fbee4a

晴れ時々曇りの予報だが…

 

2d1a3a2a40cf4c6a9499f5eedb2d73c0

今日は「西法寺」に登らず「大鳴沢」へ

やっぱり^^: 曇ってきた⤵

 

4a92b95553e74ae9b37d49d235091c08

「西法寺」には別グループの人影

 

9097880c132f4f11be25295fdcda3931

Co1250m辺りから沢も浅くなり緊張が緩む

 

3209a69693974268b23e1149f46c81e5

去年はモービルに荒らされていたが今年は大丈夫そう

 

C76c901fb2f64be68fbcb585a8adad44

ゴンドラトップから2時間で詰めあがる

 

70bb310e12c3463e92859d2c1b10b496

時間も早いし昼食を摂りながら天気待ち…

 

91d4fdc678a3487f98fd029d173e0661

30分ほどで視界が開け急ぎ滑走準備

 

192ea0a88ad7408ea6ef7a904736bf98

一瞬だが山頂方向もくっきり

さっきから人の気配はあったが…

 

345549d774db488b8a84c5284f0fe9d5

前日の悪天でガリガリ

 

A1b76dfd4f6a4d54be561df7e7c8cf7c

Powを探し移動

 

F657efed08d04d4f8828b88fb0e50b84

ちょっと重めながら今季最後のPowをいただく

 

72a17d71a31344899ce9eabe82d4d0fd

調子に乗って下まで一気に降りちまった

 

476a02d1397d4676b8d0dfe4c3ca5aa7

登山度尾根からは超重のストップ雪💦

脚引き攣らせて「弥生憩いの広部」へゴール

 

| | コメント (0)

2020/02/19

岩木山BC 西法寺森

1b49bec4de484fdd82e6f3a1bef76eaa

2月11日 青スプスキー場からゴンドラで一気に標高を稼ぐ

今日はそこそこ青空も期待できそうな天気予報

ツアーグループも何組か見られて多くは既にスタートした模様

 

Abe6a399fe9b45a6871804f76e36bc73

Co 1,100m付近を過ぎると強風に…

雪も混じり雪面のアンジュレーションもスッキリしない

 

9c12a0faeda84c12a591192e7179e4d6

西法寺森への尾根で作戦会議

「大鳴沢」は魅力的だが視界が悪くブッシュもあり断念

 

9ce52c9e3651447f8b356433a374b917

ガリガリの尾根を「西法寺森」ピークへ

 

4b8dae874a4345298db3f44e64a4aecc

振り返ると偶に雲が流れる後続グループがゾロゾロ…

 

7b03ca4a7c9a48c28419c05cfe1c0614

山頂は強風で即下山

痩せ尾根はガリガリでスキーにならず💦

 

76a00c9da90c4623a80988506039dd16

「白沢」源頭方向にドロップ

膝丈の深雪もウィンドパック気味

上部は微妙なうねりもあり難しかった

 

昼食にスキーを外すと腰まで埋まる感じ

この後 皆さんは登り返し。おいらはツェルトでまったり☕️

 

F99161703e9547b2b55faa6de3525258

スキーコースに戻り振り返る「西法寺森」

この辺りも雪が少なく小さな沢が埋まりきっていない

 

例年、モービルに荒らされている場所だが今年は見当たらない

遠くで唸るエンジン音は追子森付近からかな?

 

| | コメント (0)

2020/02/04

八甲田BC 2週続きの「雛岳」

Img_5157_r

2月2日(日) 困ったときの「雛岳」

天気予報は曇り時々雪

八甲田に近づくほどに雪&山上には厚い雲

県南地方の天気予報には小さいながらお日様マークも…

2週続きの雛参り

 

Img_5158_r

モナカの上に10㎝ほどのPow

今日は3人。シゲさんの馬力に引っ張られてハイクアップ

 

Img_0022_r

Co1,100辺りから雪雲で霞みはじめる

 

Img_0021_r

Co1,200付近にツェルトを張りBC設定

 

Img_5160_r

まったり~

 

Img_5179_r

風が強く、雪は降ったり止んだり

雪も重く難しいコンディションだったなぁ…

 

 

 

| | コメント (0)

2020/02/01

八甲田BC 雛岳

Img_5129_r

 1月26日(日) 「箒場」から「雛岳」を目指す

 

Img_5130_r

20㎝ほどのPow

先行者のトレースをありがたく使わせていただく

 

Img_5134_r

Co1,000m付近で尾根に乗る

 

Img_5137_r

森林限界を超えるとスキーアイゼンが欲しいほどの急登

 

Img_5138_r

「馬面岩」まで来るともう少し💦

 

Img_5140_r

2時間ほどで「小岳」山頂

後ろに靄っているのは「高田大岳」

 

Img_5141_r

北斜面にドロップ

雪不足でブッシュが多いほか沢地形が険しくツリーへ

 

Img_5142_r

ツェルトを張ってまったりランチ

 

Img_5147_r

登り返すことなく下山

例年に比べ積雪量が1m少ないんだとか…

GWのBCツアーが心配⤵

 

 

 

| | コメント (0)

2020/01/30

八甲田BC 酸ヶ湯温泉~箒場

Img_5093_r

1月19日(日) R103号「地獄沼」ゲートからスタート

今期BC2回目は仙人岱から小岳経由で箒場を目指す

 

Img_5098_r

昨日に続く晴天で前日のトレースもバッチリ

1月とは思えない暖かさ。スノーシューでハイクする方も大勢

 

Img_5099_r

「硫黄岳E」には沢山のシュプールが刻まれている

同行のgyosinは1本滑るに向かうがオイラは小屋直行

 

Img_5101edited_r

記録的な小雪の「仙人岱」と「小岳」

 

Img_5105_r

小屋で昼食後、新たに3名を加え「小岳」へ

 

Img_0873_r

12:40 「小岳」山頂

 

Img_5107_r

「大岳」にも沢山のツアーグループがシュプールを刻む

 

Img_0874_r

ピラミダルな「高田大岳」

 

Img_5111_r

「小岳E」から小滝沢へドロップ

良かったのはこの辺りだけ…沢はヤブヤブ(小枝)

箒場コースに合流後も沢が埋まり切っていない状況

小枝に行く手を遮られコース取りに難儀しながらも無事ゴール

 

| | コメント (0)

2019/05/07

板納め② in 鳥海山

板納めツアー2日目は鳥海山吹浦コース

昨夜は道の駅鳥海ふらっとで早々に撃沈

今日は同人O君と彼の友人を加え3人でツアーへ

 

Img_3427_r

昨日は降雪で通行止めだったらしく今朝の夜間規制ゲートは長蛇の列

なんとか駐車させたがO君たちは100この先の駐車帯に居るらしい

まぁ行く先は同じなので山上で落ち合うことにしてスタート

 

Img_3433_r

いきなりの急登。出だしはスキーを担いで…

 

Img_3435_r

1時間ほどで斜度も緩くなりO君達と合流する

 

Img_3462

昨日以上に日差しが強く覆面スタイルで

 

Img_3438_r

先ずは笙ヶ岳へ

 

Img_3447_r

笙ヶ岳3峰から東斜面を滑るO君達を待ちながら大休止

 

Img_3455_r

流石に新山までは届きそうになく御浜小屋前で昼食に

 

    Img_3460_r-2

彼らは明日も滑るというしシールオフ

昨日とは打ってかわって超良い雪(^^♪

俺がスタートしたコースの方が快適そうなので一緒に滑り降りる

 

その後、彼らの入山口まで送り届けシーズンを終えた

今シーズンは13年ぶりにテレマークからアルペンに変更

装備の進歩は目まぐるしく軽量化を金で買った感じ^^;

足元が軽くなり滑るのも超安楽。立ってれば身体が勝手にッテ感じです

でも、もうちょい硬いしっかりした板が欲しい今日この頃です

 

| | コメント (0)

板納め① in 月山

板納めは鳥海山が恒例になっているが今年は月山も加えてみた

グリーンシーズンは何度も訪れている月山だが

ホワイトシーズンは半世紀近くも昔、スキー大会で来て以来

 

Img_3384_r 前日の雨が雪に変わり姥沢への道は凍結

夏タイヤではとても無理な状況で乗合バスを待つ

 

Img_3385_r

姥沢からリフト乗り場まではスキーを運搬するサービスあり

でも、結果的に担いで行った方が早かった^^;

 

Img_3387_r

バス待ちやなんやですっかり出遅れちまった

 

Img_3396_r

山頂方面は薄く雲がかかったまま…

バスでは知り合いのBCガイドと遭遇

彼は山頂は踏まず湯殿山をまわり志津野営場までのツアーらしいが

自分はどうしても山頂ピーク足が向いてしまう

 

Img_3400_r

朝日連峰を眺め暫し休憩

ガチンガチンのアイスバーンにアイゼンを持ってこないことを後悔

1,800m付近でスキーをデポして空身で登る

 

Img_3413_r

12:40 ようやく山頂へ。遠く鳥海山が輝いている

 

Img_3416_r

4週間ぶりの山で足腰はガクガクに…

ツアーコースはあきらめゲレンデコース外を流し志津野営場へ

 

Img_3417_r-2

14:20 後半はストップ雪でクロスカントリーみたいな…

 

明日の鳥海山のため遊佐まで移動

温泉で汗を流し早くビールを飲みてぇ~🍻

| | コメント (0)

2019/03/12

大黒沢BC 長平⇒弥生

Tmp_imgresize13月10日(日) 今期2度目の岩木山大黒沢は長平の青森スプリングスキー場のゴンドラで高度を稼ぐ
Tmp_imgresize西法寺森直下。少雪の今シーズンだが、雪庇の張り出しは変わらない
Tmp_imgresize2むしろ、風の吹き方異常だったのか・・・こんな所のクラックは初めて
Tmp_imgresize3西法寺森ピークから山頂。中央は広いゲレンデになるはずもハイマツがモコモコ
Tmp_imgresize4西法寺平。雪庇をかわしたところから大鳴沢へドロップ
Tmp_imgresize5スノーモビルに踏み固められた大鳴沢を詰め上がる
Tmp_imgresize7乗超すとスキーパラダイス「大黒沢」
Tmp_imgresize6中間から下部は程よいザラメ。スキーもよく走る
Tmp_imgresize8最近は新しく拓かれた「いこいの広場」へゴールすることが多かったが久々に「旧弥生登山口」へ
やはりリンゴ畑まで滑り降り自分たちのシュプールを振り返ると達成感もひとしお

| | コメント (0)

2019/02/27

森吉山BCスキー

Img_3092_r2月24日(土) 北秋田市「森吉山」へ
まだ2月末というのにすっかり春の雰囲気
Img_3094_r昨年に続き多くのハイカー、スキーヤで大賑わい
ツボ足でも歩けそうなハイウェーは道迷いの心配無用
Img_3096_r「森吉阿仁避難小屋」 2014年の居酒屋山行時に比べたら、今シーズンの雪は 2mほど少ない感じ
Img_3097_rこの辺りで遭遇した大仙市のminoちゃん
Img_3102_r山頂到着時は風雪が強まり、ヒバクラ方面をやめ滑走準備
Img_3104_r「連瀬沢」に一本落とす。 ウィンドパック気味ながらまずまずのPowを頂く
Img_3107_r「森吉神社避難小屋」へ向かう尾根の雪庇と「一ノ腰」

Img_3110_r昼食は「森吉神社避難小屋」で
Img_3113_r_2来るたび、お世話になるたびに羨ましく思える綺麗な避難小屋
青森県もぜひ見習って欲しいと切に思います
なんだかんだ言っても秋田県は道路や公共施設がしっかりしていると思う

| | コメント (0)

2019/02/04

岩木山 大黒沢

Img_3039_r2月2日(土) 百沢スキー場リフトトップから大黒沢BCへ
天気は風が強いものの昼からは晴れ予報。次第に空が明るくなる
Img_3061_r1,100m付近 後で知ったが、この日は八甲田ロープウェーも運休になるほどの強風。この辺りでは20m以上の風が吹いていたはず
Tmp_imgresize2目指すは「巌鬼山」。1,350m付近をトラバース
突風時は台風姿勢。この辺りは風に叩かれ雪面はガリガリ

Img_3040_r北に進むほど風は弱くなり青空も広がりだす
Img_3042_r1,400mを過ぎ天国が近い
Img_3047_r「巌鬼山」と山頂鞍部到着。昨年、一昨年も来ているがいずれも猛吹雪
2月上旬にこんなコンディションに当たるなんて超ラッキー♬
Img_3049_r少し重めながら脛ほどのPow
ここから一気に500mほどの一枚バーンが広がる
Img_3053_r沢のなかは風も当たらず快適
この日は我々以外に入山者は居ないようで面ツルにシュプールを刻む
Img_3060_rゴールは「弥生憩いの広場」
冬季休業中だが保守の職員が居るため駐車場は除雪されている

| | コメント (0)

より以前の記事一覧